映像制作依頼の手がかりになるのは実績

映像制作を外部に委託したり、任せるのであれば、過去の実績や作品を確認することが必要になります。実績は分かりやすく、必ずしも目に見える形とは限りませんが、少なくても過去に作った作品であったり、携わった仕事の結果は成果として認められます。


映像制作を依頼する場合は、見積もりや費用の明確化は不可欠ですが、場合によっては実績の方が重要になります。
費用が安い代わりに、映像制作技術が伴っていなかったり、見積もりを他より安く提案しても、後から二転三転するようでは信頼出来ません。


しかし、実績を持っている映像制作会社は、費用に見合う品質を提供していたり、明確な見積もりも合わさって信用に繋がっています。



映像制作で何よりも重要なのは、最終的に出来上がる映像作品ですから、どのような映像を作ることが可能であるか、事前に確認するのは非常に大切です。

また、作品に期待する依頼者側と、依頼を引き受ける側が方向性で一致するすることも、作品の質を高める意味で重要性が高まります。

一つ上の産経ニュースに関連した書きかけ項目です。

今までの作品を参考にすれば、制作会社の技術力や方向性が分かりますし、製作期間も参考になるので、作業の早さを知る切っ掛けが得られます。大掛かりな映像程、会社の規模が重要になったり、チームワークが求められる状況になります。

これらは依頼する側に限らず、引き受ける方の心構えやヒントにもなるので、これまでの作品を名刺代わりにすることがポイントです。

技術やチームワークが優れていても、実績が隠れていては良い出会いは実現しないので、過去の作品を見せてもらったり、積極的に見せてアピールすることが大切です。