映像制作会社の使い方

映像制作会社に動画撮影、制作を依頼する際は2つのパターンがあります。
1つはすべてを丸投げするパターン、2つめは撮影や編集などの一部を依頼する方法です。



どちらの場合も打ち合わせは最小限必要ですが、プロのクオリティで納品してもらえます。

ただし、よほどすごいアイデアがあるなどの場合でなければ基本的には丸投げする方がよい作品ができることが多いです。


映像制作会社にすべてを依頼する場合には作品のコンセプトや商品の説明をしっかりするなどの他に重要な点があります。



それは映像制作会社のサンプルビデオを見ることです。
どの映像制作会社でもサンプルビデオや作成事例を紹介しているものです。

逆に紹介していない会社の場合はなにかがおかしいかもしれません。

サンプルビデオでは多種多様なビデオが載せられていることはまれです。


必ず癖があり、撮影のコンセプトなども商品に合わせていても似てくるものです。

動画が自分の商品やコンセプトに合っていることが最低限必要です。


また、別な種類の動画も撮影してもらえますが、時間がかかったり、コストがかかるケースも多いので注意が必要です。


映像制作会社は傾向がにてくるので動画でほぼ判定できます。


ただ、似たような動画を避けたいということなら自分のアイデアを1つ、2つ入れてみることをおすすめします。



外部からのアイデアは新しい動画を作る際に重要な部分ですし、まったく新しい動画が生まれることが多いです。