求められる求人と映像制作のお仕事

新卒で会社に入る場合は除き、転職で映像制作の仕事に就く場合は格段にハードルが高くなります。映像制作は技術職ですので、中途採用ではある程度技術があることが前提としている会社が多くあるのです。

ベンチャー企業であれば未経験者の求人を出している場合もあります。
しかしそれでも一通りパソコンを操作する能力や知識は必要とされます。


ただし中途採用でも「第2新卒」と呼ばれるカテゴリーの人たちであれば、門戸は広くなります。



第2新卒とは新卒で入った会社を、3年程度で退職して再就職をする人たちのことを指します。

ガジェット通信に関する予備知識の情報が満載です。

企業にとってある程度社会人としての経験を積んだ第2新卒は一から教育しなくても良く、知識の吸収率も良い人材として重宝しているのです。



映像制作をしたことがない人であっても採用される可能性は高くなります。

業務で映像制作に携わった経験がなくても、WebやソフトウェアなどIT系の業種から入ってきた人たちは採用される可能性が高くなるでしょう。

求人自体は比較的通年で募集していますが、それは裏を返せば離職率が高いということを意味します。

特にベンチャーでは残業が多くなってしまうこともあるため、就職する場合は雇用条件をしっかりと確認しておきましょう。

求人情報には会社の良いところしか書きませんので、面談時にしっかりと話を聞き、あらかじめいくつか質問も用意しておくと良いでしょう。

映像を作る会社はさまざまありますが、労働時間は会社によって大きく違っているからです。